スタジアムについて

芝生について

埼玉スタジアム2002のメインピッチでは、これまで、2002 FIFAワールドカップをはじめ、その後の、2006 FIFAワールドカップ予選、AFCチャンピオンズリーグ決勝、ヤマザキナビスコカップ決勝、そして、浦和レッズのホームゲームなど数々の国際試合が開催され、2001年 3月26日の芝播種以来、現在まで、常に、質の高い芝生を維持しております。 また、これまでの実績が評価され、2005年と、2009年、2013年には、Jリーグからベストピッチ賞を頂きました。 このコーナーでは、埼玉スタジアム2002の芝生がどのようにして美しく保っているのかを紹介していきます。  

芝草の種類と床砂

埼玉スタジアム2002のメインピッチの芝生は、寒地型芝草で一年を通じ常緑を保てる品種を選びました。寒地型芝草はすべて西洋芝と呼ばれるもので、ケンタッキーブルーグラス、トールフェスク、ペレニアルライグラスの3系統、7種類のタネを混合して播き育成しています。

ケンタッキーブルーグラス

ブルーグラスは、日本では競技場やゴルフコース、欧米では家庭、公園の芝生として広く利用されています。初期の育成が遅いのが欠点ですが、美しい濃緑色の葉が特徴です。

トールフェスク

フェスク類の中では広葉の部類に入り、踏圧に強い性質がありますが、低刈に弱いのが欠点です。 

ペレニアルライグラス

  発芽と初期生長が非常に早いので、使用範囲が広く、葉色の美しさは他の西洋芝より鮮やかです。ただ夏の暑さや湿気に弱いのが大きな欠点です。

 

3種類の寒地型芝草の種子を混ぜることにより、長所を引き出し、短所を補います。種間競争が生じることにより芝草の活性化がはかられ、病気や踏圧によるダ メージなどに備えての危険分散を図ることができます。

ピッチの床

通常植物を育てるには、土を使用しますが、スタジアムでは、水はけが良い川砂を使用しています。鬼怒川産の4m/m ~ 0m/mの粒度を調整し、洗った砂を25cmの厚みで敷き均し、その上に種子を播き育成しました。 

芝生の整備

通常的な整備

撒水作業 撒水作業

  • 芝刈 刈癖がつかないように縦、横、斜め方向に刈ります。
  • 撒水 まんべんなく水がかかるように、レインガンで撤きます。(中水を使用しています。)
  • 肥料 ムラにならないように均一に散布します。
  • 病虫害の有無 あった場合は薬剤の散布を行います。
  • 目砂の散布 床砂と同じ砂を使用します。

刈込作業 刈込作業

試合に対する整備

ライン引き作業 ライン引き作業

  • 芝刈 短辺方向に約5.5mのストライプを強調します。
  • ライン引き 12センチの幅でまっすぐに引きます。
  • ゴール建てとネット張り
  • コーナーフラッグ建て
  • 人工芝清掃

試合後の整備

ゴール前芝貼り作業 ゴール前芝貼り作業

  • 試合で千切れた芝草を取り除き、穴があいた部分に砂と種を混ぜたものを丁寧に平らに入れ、ディポット作業をすることにより、5日~10日くらいで発芽します。
  • 大きく芝生が傷んで穴があいた所には、場外の畑(通称「ナーサリー」。メインピッチと同じ芝を育てています。)で育てている芝生を専用の器具により抜き取って植えることにより、均一なピッチにしています。

芝草を活性化させる整備 (更新作業・エアレーション作業)

スパイキング作業 スパイキング作業

  • パイプ状の棒を地面に差して、芝草を抜き取るコアリング作業
  • 丸い棒を地面に差して、空気を入れるスパイキング作業
  • 密になった葉や残査を取り除き、風通しを良くするサッチング作業

芝生の年間使用回数と養生

コアリング作業 コアリング作業

年間のピッチ使用日数は概ね50日~60日です。約一週間に約1回の割合で使っている計算になります。芝生は、続けて使っていると疲れて元気がなくなり病気になったり、部分的にはげたりします。
試合などで長く使ってきて傷んだ芝生を休ませ回復させることを目的で、芝生を、一定期間、プレーに使わない時期を設けます。このことを養生(ようじょう)と言います。養生には、短期間(一週間程度)の養生と長期間(3~4週間程度)の養生の2種類があります。短期間の養生は、ただ休ませるだけですが、芝刈や撒水の通常的な作業は行います。長期間の養生は、芝生に穴を開けたり、種をまいたり、砂をまいたりして充分に休ませて傷んだ芝が充分に回復するのを待ちます

ラインズマン走行部分芝貼り作業 ラインズマン走行部分芝貼り作業

芝生の種類や試合日程によって毎年同じ時期に休ませるとは限りませんが、なるべく草草の生育生理に合わせるようにしています。

芝生の育成のための工夫

埼玉スタジアム2002では、グラウンドキーパーが、毎日、芝の世話をしています、一年365日、9人の体制でローテーションを組み、メインピッチ、第2,第3グラウンド及び公園内の芝生を管理しています。
良質な芝生の維持は、気候と密接に関係しています。夏の暑さに弱い冬芝(寒地型芝)の生育や冬の寒さによる生育を助けるため、地温コントロールシステムを使い、芝の生育に適した温度を維持しています。このシステムは、ピッチ内にパイプが約40km埋設され、寒い時期には温水を、夏の暑い時期に冷水を流し、地中の温度をコントロールする設備です。
埼玉スタジアム2002では、スタジアム内の生育環境に適合した寒地型芝草の選定を探求し、健全で・常緑で・観客を魅了するピッチを作っていきます。